園だより

  • «
  • »
  • えんだより6月号

    みことば<新約聖書 ルカによる福音第10章>

    どこかの家に入ったら、まず、「この家に平和があるように」と言いなさい。平和の子がいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。

    お互いに、相手のことを思い、ひとりひとりを大切にすることによって、平和な世界を作ることができます。子どもたちによって平和が実現しますように祈ります。 (理事長Fr.瀧野正三郎)

    梅雨に入り、子どもたちは、晴れ間を惜しんで、園庭に出て体を使って活動しています。うんてい、鉄棒、虫とりや、泥だんご作り、砂場でのダム作りなど、汗を流して頑張っています。この36歳の時期は感覚器官、運動器官、脳につながる神経が発達する敏感期です。この貴重な敏感期を子ども主体になるような環境を整えていきたいと思います。自分がこうしたい、あれをやりたい、こうなりたいと思わなければ、シナプス(脳細胞と脳細胞をつなぐ神経回路)をしっかりと作ることができません。大人は子どものことを思うあまり、将来のことを考え、良かれと思ってたくさんのことを与えようとします。しかし大人のコントロール下に置かれてしまった子どもほど、自分で選ぶことができず、判断力や意志を育てることができません。有名なある受験校の先生は「塾に行ったりして、大人にコントロールされている子は、小学校に入ってから伸びない。しかし集中力がある子は、ある時急に伸びていく。その子たちは、自分で自分のやりたいことをしっかりしてきた経験を持っている。そして自分で選び、判断し、決定する力を持っている。学校でもトップの子は勉強時間も少ない。集中力こそ大切だと思う。なぜ?と思ったこと探求していく積み重ねが大切だと思う。」とおっしゃっていました。

    子どもたちにとって何が大切かを今一度しっかり考えていただき、本来の子どもが今したいと思っている、感動したい!動きたい!知りたい!わかりたい!という欲求を満たしてあげられるような環境を準備したいと思います。コントロールの下では思考力や意志力は育ちません。子どもが主体になるように大人は安心して子どもの持っている育つ力を信じましょう。 (園長 大森久美子)

    6月の行事予定

    6日(木)歯科検診

    10日(月)消防署見学/B組

    おむすびの日

    13日(木)「子どもと共に」

    聖堂10:00~11:00

    15日(土)「ふれあいホリデー」

    17日(月)代休

    24日(月)~28日(金)個人面談

    面談期間中午前保育

    27日(木)「子育て講座」

    聖堂10:00~11:00

    「オリーブの会」

    *昨日のダイエット体験談には、沢山のご参加を頂き、ありがとうございました。

    *6/20、7/1に、園長先生、桑原先生をお迎えして、座談会を開催いたします。両日とも、内容は同じです。また、7/3に、エアロビクス体験講座を企画しています。

    このページの一番上へ