園だより

  • «
  • »
  • 3月 園だより

    みことば<新約聖書 ヨハネ福音書12章>

             

    一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

     

    種は土に植えられると芽を出し、どんどん成長して、花を咲かせ、実をつけます。

     

    子どもたちがそれぞれ持っている宝を生かせるように祈ります。

         

                               (理事長 瀧野正三郎)

     

    先日、年長児と保護者の皆様と共に祝福式を行いました。子どもたちは、式の中で

     

    キャンドルサービスを行いました。ろうそくの光は、自分の心。隣の人から自分の灯りをもらい

    またその灯りを隣の人に分けてあげるのです。一つの灯りが沢山になりその場所を照らす

    明るい光になるのです。また、誰かに灯りを分けても自分の灯りは、弱くなったり減ったり

    はしません。周りの人から頂いた光で自分が輝いて生き、周りの人にその輝きを分けるので

    す。助け合い、分かち合って命を大切にし合うことを知っている子どもたちです。年長児の

    心の中には、その種がしっかりと存在しています。式中で唱えた子どもたちの考えた共同

     祈願をここに載せます。

     

    ◇Aさんみんなが小学校に行ってもケガをしないように守ってください。みんながお勉強を

     がんばることができますように。

               

    ◇世界で食べ物がなくて困っている人がおなかいっぱい食べてほしいです。世界中の人皆な

    が元気でいれますように。

                 

    ◇神様、青い空をありがとう。小学校に行ってもいっぱいお友だちができますように。

     

     お父さんとお母さんのことも守ってください。

             

    ◇世界中には、苦しんでいる人や家族がいなくて寂しい人やかわいそうな人がいます。

     

     世界の子どもたちが、早く元気になりますように。

           

    ◇Bさん、Cさん、てんしぐみさんが荷物を持ってくれるようなかっこいい人になれます

     

     ように。そして元気で楽しくすごすようにお守りください。

         

    ◇友だちのことを忘れないでいることができますように。友だちが病気にならないように

     

     守ってください。

                 

     

    神様は、小さな子どもたちのお祈りをきっと聞いてくださいます。

                       (園長 芝田玲子)

     

     

     3月の予定

    クラス懇談会

    お楽しみ会

    カレーパーティー

    「子どもと共に」

    「お母さんと共に」

    卒園式

    てんしぐみ募集説明会

    終業式

    大掃除(年中児・年少児)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このページの一番上へ