園だより

  • «
  • »
  • 春休み号

           みことば

    (新約聖書マルコによる福音書第2章)

           

    新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。

             
                       

    子どもたちが、今まで大切にされてきたものを守りながら、新しいものも受け入れていく

     

    ことができますように祈ります。

               (理事長 瀧野正三郎)

       

     

     

    先日、晴天の中、57名の年長児が卒園いたしました。堂々と卒園証書を受け取る姿は、

    素晴らしく、心と体はつながっていることを証明してくれました。身体の動きの中に自信に

    満ち溢れた様子が見え、自分の足でしっかり立っていました。次の日、進級児のお母様

     

    から昨日の卒園式が良いお天気で良かったこと、また卒園した園児たちのことを思う言葉を

    頂きました。ご家庭で思いを寄せてくださっていたことにも嬉しく思いました。

     

     さてAさんのいない幼稚園。いろいろな姿がありました。続きのお仕事に取り組む姿、

     

    新しいお仕事に取り組む姿、マラソンカードを持ち「今日は、ホールで走っていいですか?」

    と自主練習をする姿、Aさんの背中を見て感じて学んでいたようです。

       

    この時期だからこそ目に見えない部分の大切さに気付きましょう。土の中の球根や根っこは、

    目に見えませんが栄養を吸収する力があります。また根っこがなければ立つことが出来ません。

    太くてしっかりと根を張ることを大切にしたいです。

           

     一年間、子どもたちを囲んで見守り成長を分かち合い、信じて待ってくださったこと、

     

    園を支えてくださいましてありがとうございました。新学期の準備を整え子どもたちを

     

    お迎えしたいと思います。どうぞ春休みをお元気におすごしください。

       
                 

    (園長 芝田玲子)

       
                       

     

    このページの一番上へ