保育について

保育について

個が輝く豊かな人間性を育むために

草津カトリック幼稚園は、
キリスト教の愛の精神に基づき一人ひとりが豊かな人間性を育むために
モンテッソーリ教育を取り入れています。

保育の理念

本園の目的及び特色

草津カトリック幼稚園では、キリスト教・カトリックの愛の精神に基づき一人ひとりが輝き豊かな人間性を育む子どもを目指します。幼児期にふさわしい生活環境を準備しています。
その中で幼児一人ひとりの人格を大切にして、豊かな心、たくましく生きる人間性の基礎を育てることを目的としています。

教育方針(こんな子どもに育てたい)

  • 感謝できる子ども
  • 良心の声に従って自ら判断し行動できる子ども
  • よく見、よく考えてやり抜く子ども
  • 誰とでも仲良く遊べる子ども
  • 明るく生き生きとした子ども

カトリック教育

カトリック教育

神さまといつもいっしょ

本園はカトリック園です。毎日の祈り・周りの人や身近なものへ感謝する心・命の尊さ・奉仕する心。
神さまに見守られながら、優しい心や認め合う心が芽生え、人と向かい合う愛、共に分かち合う愛に 気付き、神様からの愛を感じます。
神さまから大切に思われている一人ひとりの子どもたちと共に歩みます。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育

最後まで一生懸命やりとげる

モンテッソーリ教育とは、1870年イタリアに生まれた女性女医マリア・モンテッソーリが提唱した教育法です。
子どもをよく観察し、子ども自身の中に生まれながらにある発達のプログラムに沿って子どもが自ら自分を作っていく教育法です。自分の生命の法則に従ってやりたい活動を選び、関わり、全人格をかけて集中できるような物的環境と人的環境を準備します。

豊かな感性・本質を見抜く力・最後までやり抜く力を共に分かち合い、生かし合い、喜び合える人づくりを目指します。

縦割りクラス編成

縦割りクラス編成

認め合う喜び

3~5歳の子どもが1つのクラスの中で生活する混合クラス編成(縦割りクラス編成)で生活しています。
お互いを高め合い、認め合い成長していきます。見て学びます。やって学びます。教えて学びます。
困っている人や、泣いている子がいたら、助けたり、自分の事を分かってもらいたいと思う友だちの心を大切にします。愛に満ち溢れた生活は、自分を信じ、人を信じることが出来るようになり、人のために奉仕したり、許したりする心が育ちます。思いやりの心、社会性、責任感が自然に育つ姿を実感しています。

  • フォトコーナー
  • 園のお知らせ・園便り
  • 入園案内
  • 採用情報

TOP