お知らせ・園だより

お知らせ・園だより

えんだより5月号

  • 2012年05月7日

みことば<新約聖書 使徒言行録第2章>

一同は聖霊に満たされ、霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

子どもたちには神さまから勇気が与えられています。子どもたちに与えられている神さまの働きを信じ、子どもたちの成長を見守りましょう。

(理事長 瀧野神父)

緑が美しい季節となりました。ゆったりと木々や自然の中にいるとストレスの高い時に高まる『交感神経活動」が抑制され、リラックスした時に高まる「副交感神経活動」が促進し、脳の前頭前野活動が沈静化して穏やかな気持ちになるそうです。自然に触れてゆったりとした時間を持ちたいものです。また、この過ごしやすい季節に運動遊びをたくさんすることが子どもたちにとって身体的な発達はもちろん、心の発達にもつながります。全身の筋肉を動かす運動をすることで、前頭前野が活性化し、選ぶ力、判断力、理解力、意欲などの精神活動を支えます。お休みの間にご家族で、全身運動が思う存分できる機会をぜひ持っていただきたいと思います。また、この時期は頑張りすぎるお子様にとっては「幼稚園に行きたくない」「ママのそばがいい」と訴えられることも多いと思います。新しい環境の中で自分が思ってもいなかったことが次々起こると、人はどうしてよいかわからなくなるのです。子どもが不安になっているとき、疲れているときは、タクルティールケアといって、基本的に会話をせず、相づち(うなずく)、共感、反複(子どもが言っていることを繰り返し言ってあげる)をしてあげて下さい。「どうして?」「何が?」「誰が?」は子どもを問いつめるだけです。本当に疲れている時、頑張りすぎるときは、何がいやか、子ども自身がはっきりわからないのです。うなずいてあげ、「の」の字の哲学(子「お弁当がいや」 親「お弁当がいやなね」)で反復してあげることで、お母さんが自分の気持ちをわかってくれているのだと安心することができます。私たち職員も、子どもの心に寄り添うことができる保育を目指したいと思います。             (園長 大森久美子)

5月の行事予定

1日~9日個人面談/C組(お弁当あり)

10日(木)「子どもと共に」10:00~

親和会総会/10:00時間内

夏服販売教会ホール11:15~

歯科検診

11日(金)親子遠足/ロクハ公園  雨天の場合5/16

19日(土)観察の森/A組 B.C休園

21日(月)4/10創立記念日の振り替え休園

24日(木)子育て講座(教会聖堂10:00~11:00)

30日(水)聖母祭り(花を持参)

TOP