お知らせ・園だより

お知らせ・園だより

えんだより12月号

  • 2018年12月3日

みことば<新約聖書 ルカ福音書1章>         
マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、         
その子をイエスと名付けなさい。         
         
イエス・キリストの誕生の知らせは、全世界の人々にとって大きな喜びでした。         
子どもたちが、神さまにいつも守られていることを感じることができますように祈ります。         
               (理事長 瀧野正三郎)     
         
 教会では、クリスマスの4つ前の日曜日12月3日(日)より待降節に入ります。イエス・キリストの         
誕生を思い祝うクリスマスの日までの準備の期間を「待降節」と呼んでいます。子どもたちとは、         
1週間ごとにろうそくを灯しイエス様のお誕生をお祈りしながらクリスマスを待ちます。         
4本目のろうそくに火が灯りクリスマスを迎えます。どんな心をイエス様に捧げようかと日々の中で思いめ         
ぐらし準備していきます。         
 さて今、園ではクリスマス会に向けての活動が始まっています。体験と選びの期間が終わり、選んだ事柄         
に向かっていくこととなります。特に年長児の自分の役を自分で決める選択は、一人ひとり様々な心の動き         
がありました。自分と向き合うことは、大人でも容易なことではありません。そのことに向かうのです。         
迷ったり考えている姿がありました。でも最終的には自分で決めるのです。決めたら自分の力と友だちの力         
を信じて前に進むのです。昨日、配役が全員決まりどの人が何の役をするのかをみんなで聞きました。         
台本をしっかりと受け取りみんなのいろいろな気持ちが入っている台本を大切に持って帰りました。         
全ての事柄は、神様が準備してくださっている成長の種なのです。         
安心して成長の歩みを見守り信じて待ちたいと思います。         
        (園長 芝田玲子)

 

                 12月の予定

                      お母さんとともに

                      クリスマス会総練習

                      「こどもとともに」

                      クリスマス会

                       終業式

 

TOP