お知らせ・園だより

お知らせ・園だより

園だより 夏休み号

  • 2020年07月31日

みことば<新約聖書マタイ福音書13章>         
天の国は次のようにたとえられる。商人が高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。         
         
宝ものをみつけたら、とても大切にします。子どもたちが、かけがえのない宝もののように、神様から愛されていることに気づけるように祈ります。 

(理事長 瀧野正三郎)  
 

雨模様の天気の中でしたが、Aぐみの「わくわくデー」を行いました。子どもたちは、クラスの違う友だちとのグループ活動やいつもと違う生活の体験をしました。初めは、緊張している姿もありましたが時間が経つとともに笑顔も増え、いつの間にかすっかりグループの一員になっていました。いつもと違うことに出会った時、新しい挑戦には、今ある自分の力が基礎になるのだとAさんの姿を見て感じました。一つ一つの活動を自分の意志を持ち選び、繰り返し取り組み終わる。この体験の積み重ねがあって、総合的な活動に喜んで参加できるのだと思います。夏休みに入ります。ご家庭でも手や身体を自分の意志を持って使えるように選ぶ体験、繰り返せる時間を意識して見守ってあげたいですね。身近な生活の中に子どもが出来るお仕事がいっぱいあります。「子どもと共に」発見しましょう。迷ったら「親の祈り」をどうぞ読んでくださいね。         
 

最後になりましたが、家庭保育のご協力と共に感染予防に努めながらの保育にもご理解とご協力を頂きましたこと、心よりお礼申し上げます。保護者の皆様の信頼と温かい見守りを感じさせて頂き様々な活動を行うことが出来ました。2学期も予防に努めながら子どもにとって必要な体験を準備していきたいと思います。

(園  長  芝田玲子)  

TOP